Category カナダで働く

LMIAとは?

LMIA

外国人がカナダで働くには就労ビザが必要です。 ですが、就労ビザを申請する前に、雇用主はLMIAという手続きを経る必要があります。 この記事では、LMIAがどんなものなのか、雇用主がLMIAの承認を得るにはどんなことが必要なのか、わかりやすく解説します。 LMIAって何なの? LMIAはLabour Market Impact Assessmentの略称です。 直訳すると、「労働市場への影響の審査」です。 これだと何のことかわからないので、わかりやすく言うと、 「外国人を雇うことがカナダ人の雇用に悪影響を与えないことの確認」ということです。 カナダ人、カナダ移民の雇用を守る カナダ政府は、外国人がカナダ人の雇用機会を奪うことを望みません。 とは言っても、人材不足に対応して経済成長を続ける必要もあります。 このジレンマこそが、LMIAが必要な理由です。 LMIAにおいて、雇用主はカナダ人あるいはカナダ移民を雇用するために十分な努力をしたかどうかを査定されます。 LMIAをとおして、カナダ政府はカナダ人の雇用機会を奪うことなく外国人の労働力を確保するという、矛盾する二つの目標を達成できるのです。 外国人労働者を守る LMIAには、外国人労働者を職場での差別や虐待から守るという意味もあります。 LMIAの審査で、雇用主は以下のことを示す必要があります。 外国人労働者に働いた分全ての賃金を払う(法定の時間外給与を含む) 労災保険を提供する 外国人労働者に、他の社員と同じ福利厚生を提供する 外国人労働者のID(パスポートなど)を奪ってはいけない 外国人労働者の中には、経済的に貧しい国から出稼ぎでカナダに来る人もいます。 そのような外国人労働者の弱みにつけ込んで、サービス残業をさせたり、福利厚生で他の社員と差別したり、パスポートを取り上げて帰国できないようにするなどといったことが問題になります。 このような職場での差別、虐待から外国人労働者を守ることも、LMIAの重要な役割のひとつです。 LMIAは、カナダ人と外国人労働者の両方を守る制度なのです。   LMIAの申請方法 ここからは、LMIAの申請方法を解説します。 LMIAでは、以下の項目が審査されます。 雇用主のカナダ人、カナダ移民を雇用するための努力 ジョブオファーが公正で適正かどうか 雇用主のコンプライアンス(法令順守) 以下、それぞれの項目について詳しく解説します。 カナダ人、カナダ移民を雇用するための努力 カナダ人、カナダ移民を雇用するための努力を示すため、雇用主は採用活動のレポートを提出します。 採用活動には、「求人広告の記録」と「面接の記録」が含まれます。 求人広告は、Job…

カナダ就労ビザについて

カナダ就労ビザ

カナダで働くには、カナダの就労ビザ(Work Permit、ワークパーミット)を取る必要があります。この記事では、カナダの就労ビザがどんなものなのかと、その取得方法についてわかりやすく解説します。 カナダ就労ビザってどんなもの? カナダ就労ビザとは、外国人がカナダ国内で合法的に就労することを許可する書類です。 就労ビザと一般的に呼ばれていますが、正式名称はWork Permit(ワークパーミット、就労許可証)です。 カナダ就労ビザの種類 就労ビザにはいくつかの種類があり、大きく分けると次の二つに分かれます。 オープン就労ビザ クローズド就労ビザ このうち、オープン就労ビザは、さらにいくつかの種類に分かれます。 ポスグラビザ Post Graduation Work Permit(PGWP、ポスグラビザ)は公立カレッジか大学の卒業生が申請できるビザです。 ポスグラビザの対象になるのは、就学期間が8か月以上のプログラムで、ポスグラビザの有効期間は卒業したプログラムの期間によって変わります。 基本的には、プログラムの期間が8か月から2年未満の場合は、プログラムの長さがそのままポスグラビザの有効期間となります。 プログラムが2年以上の場合、3年のポスグラビザが認められます。 配偶者オープン就労ビザ あなたの配偶者が公立カレッジか大学の学生ビザを取得した場合、あるいは就労ビザを取得した場合、あなたは配偶者オープン就労ビザを申請できるかもしれません。 ワーホリビザ もしあなたの所持しているパスポートが、カナダがワーキングホリデーの協定を結んでいる国のものだったら、ワーホリビザ(正式にはWorking Holiday Work Permit)を申請できるかもしれません。 申請の条件は国によって異なりますが、年齢の上限が30歳~35歳で、一生に一度だけ取得することができるという条件であることが多いです。 自分に当てはまるオープン就労ビザがあるかどうかわからない時には、カナダシャウズ留学移民センターにご相談ください。 LMIA就労ビザ いっぽう、クローズド就労ビザは、主に一種類で、LMIA就労ビザと呼ばれます。 一般的に「カナダ就労ビザ」と言えば、このLMIA就労ビザを指すことが多いです。 カナダで外国人を雇うには、雇用主はLMIA(Labour Market Impact Assessment)という手続きを経る必要があります。 このLMIAで、雇用主は、外国人に対して公平で安全な就労環境を提供しているかを審査されます。   LMIAについて、こちらの無料相談をご利用ください カナダ就労ビザでできること 就労ビザがあればカナダで働けます。でもそれだけでなく、次のこともできるんです。…